【水耕栽培相談室:水耕栽培でラディッシュ・二十日ダイコンの作り方】


ラディッシュは別名二十日ダイコンと言いますが、名前の通り種植えから収穫までおおよそ20日で育ちます。
水耕栽培でも比較的手軽にでき、種からの発芽率も70%ぐらいで収穫率も良いです。
リビングファームのLED装着の水耕栽培器を使ってもできますし、もっと手軽にお家の蛍光灯/LEDスタンドで育てられます。
ラディッシュは発芽して葉っぱが育ってから根元が肥大化してその部分をメインに食べますが、根元が肥大化してダイコン球ができないこともありますが、葉っぱも普通のダイコンに比べて柔らかくて美味しいので、サラダにして食べます。

ラディッシュ・二十日ダイコンの育て方

  
ラディッシュの種は1mmぐらいと小さいので、ウレタン培地には3個入れます、深さは8mmぐらいです。
培地を育苗トレイに置き、育苗容器に入れてから、しっかりと水を与えます。
種に水が吸収されると、発芽のホルモンが出始めて、発根、発芽が始まります。
水の吸収が少ないと発根が止まりますので、水が培地から蒸発しないように育苗容器を黒いビニールか透明ラップで覆います。




種植えから3〜5日ぐらいで、スリットのスキマから芽が出始めます、直ぐに日光やLEDなどの光を当てて光合成を促進させます。
根が充分に伸びてきたら、液体肥料を与えます。


   

種植えしてから8日〜10日目ぐらいには写真のように茎が伸び、根も長く育ってきます。

  

良く育った苗を4本選んで、育生ポットにハイドロボールを使って固定します。
根が長い苗は育成ポットの底のスキマから外に出します。
育生ボックスに固定してココベジiのLEDの光を当てます。
液体肥料を入れた水を水位線の一番上まで入れてあげますと、収穫までお手入れ無しです。


 
 
定植してから10日目ぐらいには写真のように根元に小さなダイコンが出始めます




20日目ぐらいには株によっては収穫できます。葉っぱも一緒にサラダにして食べます。

【簡易なラディッシュの育て方】 ミニ菜園キット(近日発売)を使います
LED装着の水耕栽培器がないラディッシュの育て方

  
ラディッシュの種をミニキットの培地シートに植えて、昼間は陽の当たる場所に置き、夜間は蛍光灯,LEDスタンドの光を当てます。 
20日ぐらいでミニキット一杯のラディッシュ・二十日ダイコンが収穫できます。



 
 
送料無料
メンバーズ

Contact

ご購入前でも、ご購入後でも商品の
どんなご相談でもお受けします。

株式会社リビングファーム 03-3378-5200

水耕栽培についての 相談室

CONTENTS

  • ラッピングサービス
  • 水耕栽培始めませんか?
  • 「パクチー」を育てましょ。
  • 水耕栽培体験教室
  • 植物栽培用LED

コンテンツ

About the owner

開発者兼社長 長尾さん

リビングファームのウェブショップへお越しいただきありがとうございます! 環境に、人に、優しい水耕栽培に注目して、家庭でできる小さな植物工場として、楽しく安心安全野菜を育てられる家庭用LED水耕栽培器を開発しました。 はじめての方にも、愛好家の方にも愛される水耕栽培ショップを目指しています。都会ならではの自産自消の野菜生活一緒に始めましょう!

TOP