LED360、LED600で美味しい健康野菜ができる秘密


 

植物の光合成と成長に役立つ青と赤の光


植物は太陽の光を受け葉っぱの中などで光合成がおこなわれ成長していきます。

まず植物の葉緑体内のクロロフィルに太陽光の主に青の波長と赤の波長が吸収されます。
そこで葉緑体が活性化してエネルギーを作り出す明反応が行われます。

光の緑の波長部分は多くは反射しますので、我々の眼に植物は緑に見えます。

この明反応で得たエネルギーを基に、二酸化炭素を固定する暗反応が推進され、酸素を発生させながら、すべての生物の生命の基となるブドウ糖等の炭水化合物が合成されます。

したがって太陽光や蛍光灯の光の内、青と赤の波長が主に植物の成長に役立っており、 緑色や黄色の波長は反射しますが、一部は葉っぱの中を透過したりして光合成にも役立ちます。




植物の光合成
 

リビングファームでは長年の実験から、特にご家庭で育てやすいリーフレタスやエンダイブなどの野菜を効率よく育成させるため、
LED360は 1本のLEDの数は
「赤LED (660nm周辺)6個、青LED (440nm周辺)2個+白LED 4個」に設定いたしました。
LED600は 赤LED10個、青LED4個、白LED8個としました。



少ない光量で効率良く、ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化物を多く生み出しながら植物の成育時間を短縮ています。


いち早く植物工場の実用化に取り組んでいる玉川大学の「LED農園」。

その玉川大学渡辺教授のお話では、

赤LEDだけで野菜を育てると、ビタミンAが露地栽培の十数倍増え
青LEDだけで育てるとポリフェノールが数倍増える

と発表されています。


リビングファーム水耕栽培器は、家庭用ながら、この赤LEDと青LEDを両方装備することでビタミン類やポリフェノール等が多く作られるリーフレタスが栽培できる ようになりました。この赤と青の光が栄養価の高い健康野菜ができる秘密です。



リビングファームショップ 植物栽培用LEDの商品

■ LED360  赤LED (660nm周辺)6個、青LED (440nm周辺)2個+白LED 4個










■ LED600  赤LED(660nm周辺)10個、青LED(440nm周辺)4個、白LED8個









最近新設されているLEDを装備している大型植物工場では赤と青のLEDを野菜に当て、太陽光と同じ栄養のある野菜を作っています。






植物栽培用LEDのお求めは下記から

 


 

送料無料
メンバーズ

Contact

ご購入前でも、ご購入後でも商品の
どんなご相談でもお受けします。

株式会社リビングファーム 03-3378-5200

水耕栽培についての 相談室

CONTENTS

  • ラッピングサービス
  • 水耕栽培始めませんか?
  • 「パクチー」を育てましょ。
  • 水耕栽培体験教室
  • 植物栽培用LED

コンテンツ

About the owner

開発者兼社長 長尾さん

リビングファームのウェブショップへお越しいただきありがとうございます! 環境に、人に、優しい水耕栽培をモットーに、家庭でできる植物工場、誰でも失敗なく楽しめて安心野菜を育てられる家庭用LED水耕栽培器を開発しました。 はじめての方にも、愛好家の方にも愛される水耕栽培ショップを目指しています。都会ならではの自産自消の野菜生活一緒に始めましょう!

TOP