栄養価ではトップクラスで、最近特に注目されているケールのベビーリーフをリビングファームミニ水耕菜園キットで育てています。
ケールは栄養価もさることながら、成長力も他の野菜に比べて抜群で、また水耕栽培でも大変手軽に育てることができます。

ベビーケールの育て方





ミニ水耕菜園キットを用意します。ケールの種から育成、育苗キット、肥料等まで全て揃っています。


  

ミニ水耕菜園キットにあるスポンジウレタン培地シートをしっかりと水に浸します。
育苗ケースにシートを置き、ケールの種を1列に5〜6個づつ植えます。深さはシートの中間で1cmぐらいの深さが適当です。シートの上からジョウロで満遍なく水を差します。






育成ケースにラップをかけて、育苗シートから水が蒸発を防ぎます。
その上から1〜2日間黒いビニールシートで覆います(光を遮断して発芽を促します,種により異なります)


 

ケールの発芽は4〜5日(季節により異なります)経ちますと培地シートのスリットから緑の芽が見えだします。直ぐに蛍光灯かLEDスタンドの光を当ててあげます。

いよいよ発芽、発根がどんどん始まります。日中は太陽に当てて、夜間はずーとLEDや蛍光灯の光を当ててあげると、早く成長します。
この間の光が足りないと茎だけが伸びる徒長現象がおきます、あまりひどいお時には再度種植えします。



 

ベビーケールの発育は旺盛で、10日ぐらいで5cm、15日で10cmと毎日毎日の成長が楽しみです。


 


ベビーケールの収穫は、葉っぱの大きさが5cmぐらいになったら、ドンドン収穫してください。 
あまり長くおき葉っぱが大きくなりすぎると硬くなります。柔らかいうちに食べます。
ベビーリーフは成長期のほうが栄養価が高いようです。




日中の陽が当たるときは極力光に当たる場所に置きます。
太陽からの光には赤外線、紫外線があり、植物はその光を多く当たると防御反応が働き、抗酸化剤のビタミン、ポリフェノールを多く作り出します。

白いLEDは光合成はおこないますがそのような効果は期待できません、しかし蛍光灯は赤外、紫外線が少し出ますので植物栽培には向いています。
リビングファームのLEDには青LEDがあり紫外線は出しませんが、単色光という条件によって抗酸化剤発生の効果はあります。(玉川大学研究により)

ミニ水耕菜園で育ったベビーケールは適当に大きくなった葉っぱを摘んでも、直ぐに後から芽が出てきます。季節によりますが1ヶ月間以上収穫が楽しめます。

毎朝サラダにケールを混ぜて食べるとビタミンAで球形レタスの10倍以上、ビタミンCで15倍の栄養価がありますので、少し入れるだけで健康サラダになります。
沢山収穫したときはジューサーでつぶして、スムージーとしても良いですね。



ベビーケールを育てるミニ水耕菜園キットのお求めはこちらから






  


 


  

 
送料無料
メンバーズ

Contact

ご購入前でも、ご購入後でも商品の
どんなご相談でもお受けします。

株式会社リビングファーム 03-3378-5200

水耕栽培についての 相談室

CONTENTS

  • ラッピングサービス
  • 水耕栽培始めませんか?
  • 「パクチー」を育てましょ。
  • 水耕栽培体験教室
  • 植物栽培用LED

コンテンツ

About the owner

開発者兼社長 長尾さん

リビングファームのウェブショップへお越しいただきありがとうございます! 環境に、人に、優しい水耕栽培に注目して、家庭でできる小さな植物工場として、楽しく安心安全野菜を育てられる家庭用LED水耕栽培器を開発しました。 はじめての方にも、愛好家の方にも愛される水耕栽培ショップを目指しています。都会ならではの自産自消の野菜生活一緒に始めましょう!

TOP