ミニトマトを水耕栽培と露地栽培との比較検証します


春から夏に掛けて楽しみな果実はミニトマトです。

今年も水耕栽培で沢山のミニトマトを育てたいと思いますが、露地栽培との違いを検証しながら育てます。

市販のミニトマトを種から水耕栽培で育てますが、今年は特に甘味にこだわって育てたいと思っております。


4月初めににリビングファームのウレタン培地に市販の中でも甘味のありそうな種を選んで植えてみました。

まず5月初旬に水耕栽培用の育苗容器で育った苗を選んで定植しました。


 

ウレタン培地に種を植えてから焼く10日目になりました。

リビングファームの育苗容器で育てた苗は根が真っ直ぐに伸びて、丈夫そうな苗が出来上がります。

ミニトマトの苗を新しい方式で定植しました。


 

まず苗をロックウール(75mm角)の真ん中のへこみにウレタン培地のまま置き、小さなハイドロボールで固定しました。

ロックウールは玄武岩などの天然石を高温で熱して高速で吹き飛ばしながら繊維状にした人口の培地土ですが、根の発達には大変良いようです。

また水が溜まらないため通気性が良く、保水、保肥料性も優れている根の発育には優れている培地です。


 

苗を植えたロックウールの培地を、育成ボックスにハイドロボールを5cmぐらいに平均に並べて置いた上に置きますます。

ハイドロボールでは水の量が上から確認できないので、水位計をハイドロボールの中に立てておきます。水位計の目印のフロートを確認しながら水の管理をします。

苗を夜間はLED照射と日中は太陽の光を照射して育てますが、特に水の量を多くしないように加減しながら育てたいと思います。

一方沢山出来たミニトマトの苗は室内で水耕栽培器で育てるのと同時に、屋外の庭にも植えてその成長具合を観察したいと思います。


  

リビングファーム育苗容器で育てたミニトマトの苗は根もしっかりと伸び、培地のまま畑やプランターに植えることが出来ます。

5月中旬、定植してから10日後の比較ですが、やはり室内のほうが暖かいので、苗の成長は早いようです。屋外はまだ根が充分に定着していないと思いますがまだ大きくなりません


 
一方室内のLEDで育てているミニトマトは部屋の暖かさが良いのか,LED効果なのか判定は出来ませんが、大変大きく育ってきています。 背丈や枝の伸び具合などは倍ぐらい違います。
これから下のほうの枝を落としながら茎を太く、長く伸ばしていきます。

定植してから約115日間は中型水耕栽培器RHのLEDである程度の高さになるまで成長させます。
その後は2つの育成ボックスは外のベランダに置き、直接太陽光で育て、他の2ボックスは水耕栽培器RHのLEDの高さを調整しながら育てます。
ミニトマトは外に置いたも病虫害の影響の少ない野菜ですので、ボックスの周囲に支柱を作り、陽の光を充分に当てながら真っ直ぐに育てます。
他の二つはLEDの力と、外部から入る陽の光と併用で育てました。





中型水耕栽培器RHでの育成ボックスは通常のリビングファーム水耕栽培ボックスで育て、もう一つはロックウールの中で育てています。水の量は水位計をさして確認しながら適量な水をあげています。
ほとんどのミニトマトの途中には花芽が付き始めました。


一方水耕栽培の苗作りキットで育てた苗を庭の畑に植えたミニトマトは夏の日差しのおかげで、どんどん茎が伸びていき、7月の初旬より花芽が全ての茎に付き始めました。
7月下旬より収穫がすこしずつ始まり、8月に入ってからは食べきれないほどのミニトマトが収穫されて、毎日の食卓に出しております。


 
送料無料
メンバーズ

Contact

ご購入前でも、ご購入後でも商品の
どんなご相談でもお受けします。

株式会社リビングファーム 03-3378-5200

水耕栽培についての 相談室

CONTENTS

  • ラッピングサービス
  • 水耕栽培始めませんか?
  • 「パクチー」を育てましょ。
  • 水耕栽培体験教室
  • 植物栽培用LED

コンテンツ

About the owner

開発者兼社長 長尾さん

リビングファームのウェブショップへお越しいただきありがとうございます! 環境に、人に、優しい水耕栽培に注目して、家庭でできる小さな植物工場として、楽しく安心安全野菜を育てられる家庭用LED水耕栽培器を開発しました。 はじめての方にも、愛好家の方にも愛される水耕栽培ショップを目指しています。都会ならではの自産自消の野菜生活一緒に始めましょう!

TOP