有機肥料と無機肥料との違い

有機肥料は主に草木、油粕、鶏糞、牛糞、魚の骨粉など植物や動物由来の肥料です。肥料の製造には発酵させる時間や乾燥、消毒する手間などがかかり比較的割高になります。
含まれている要素は植物育成に必要なもの(窒素、リン酸、カリなど)は含まれていますが、原料によって含有量に違いがあるのと即効性が無いために、無機肥料も混ぜ合わせて使います。

無機肥料はいろいろな鉱物を分解して作る肥料が主体ですが,化学合成によって出来る肥料を化成肥料とも言っていますが合わせて無機肥料とします。
無機肥料には植物育成に必要な窒素、リン酸、カリウムなどの重要3元素はもとより育成に欠かせない微量元素カルシュウム、マグネシューム、鉄分なども適量に入っています。

水耕栽培、植物工場などで使われる肥料はほとんどが無機肥料です。
無機肥料はその成分割合を育てる植物や野菜などによって決められるので無駄なく利用できますので水耕栽培には大変向いております。

ただ無機肥料は化学肥料だからと植物に悪いような印象をお持ちの方もいられますが、水耕栽培で使用する無機肥料はその野菜の品種、成長時期に応じて適量をあげることが出来ます。
そして水に溶けやすく、直ぐに『無機養分』(無機イオン)として根から吸収されます。
一方有機肥料は土耕栽培で使われますが、有機肥料は土の中の微生物などで化学変化を起こし、根から吸収できる同じ『無機養分』に変わります。
したがって有機肥料も無機肥料も同じ『無機養分』になるので、野菜などの植物にとって違いがないのです。



根から吸収される『無機養分』は茎の道管を通って葉の先端まで運ばれ、光合成によって二酸化炭素と結びつきブドウ糖を経てデンプンなどできあがります。



無機肥料は土耕栽培などで使われるとき多くあげすぎると土の中の微生物などが死んでしまい、土の活力が無くなりますのであげすぎには注意が必要です。

水耕栽培でも肥料をあげすぎは無駄ですので常に成長に必要な量を適時あげます。

水耕栽培用肥料はこちらから

 
送料無料
メンバーズ

Contact

ご購入前でも、ご購入後でも商品の
どんなご相談でもお受けします。

株式会社リビングファーム 03-3378-5200

水耕栽培についての 相談室

CONTENTS

  • ラッピングサービス
  • 水耕栽培始めませんか?
  • 「パクチー」を育てましょ。
  • 水耕栽培体験教室
  • 植物栽培用LED

コンテンツ

About the owner

開発者兼社長 長尾さん

リビングファームのウェブショップへお越しいただきありがとうございます! 環境に、人に、優しい水耕栽培に注目して、家庭でできる小さな植物工場として、楽しく安心安全野菜を育てられる家庭用LED水耕栽培器を開発しました。 はじめての方にも、愛好家の方にも愛される水耕栽培ショップを目指しています。都会ならではの自産自消の野菜生活一緒に始めましょう!

TOP